ACT

履歴書に貼り付ける写真のポイント

ACT(活性化全血凝固時間)

・血液凝固能の測定方法の一つです。
・抗凝固作用の相対的評価が行えます。
・へパリンの拮抗薬であるプロタミンの投与の算出指標となります。
・未分画へパリン、シメル酸ナファモスタットの作用の指標となります。

ACTの正常値

正常値:90~120秒

注意点

・低分子へパリン・アルガトロバンはACTに反映されません。そのため採血を行い検査室での検査が必要となります。低分子へパリンは抗Xa活性、アルガトロバンはAPTTをモニタリングしていく必要があります。
・ACTはへパリンだけでなく血液希釈、心筋保護液、低体温、高度の血小板減少症などでも延長します。
・ACTは単に凝固のしやすさ、しにくさのみの指標であり、ACT値が正常範囲外であってもその原因を特定することはできません。

 

関連記事

  1. 看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

    IABP(大動脈バルーンパンピング)

  2. 看護師が病院以外に転職するメリット

    低体温療法

  3. 看護師の転職におすすめの時期とは

    血漿交換療法

  4. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    心房細動(AF)

  5. 面接での退職理由の伝え方のポイント

    Sepsis(敗血症)

  6. 保健師という転職先の主なメリット

    窒素(N2)吸入療法

  7. 履歴書の職歴欄の書き方

    胸腔ドレナージ・胸腔穿刺

  8. 履歴書の趣味の欄に書く内容

    Aライン

  9. 履歴書に貼り付ける写真のポイント

    強心薬

  10. 履歴書の趣味の欄に書く内容

    ARDS(急性呼吸促迫症候群)

  11. 履歴書に貼り付ける写真のポイント

    気管切開

  12. 保健師という転職先の主なメリット

    救急看護の基礎知識

  13. スキルアップという志望動機を表現する時のポイント

    DC(除細動)

  14. 面接では勤務可能日をどのように伝えれば良いか

    くも膜下出血

  15. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    CVカテーテル(中心静脈カテーテル)