看護師と結婚のメリット・デメリット

看護師と結婚のメリット・デメリット

看護士と結婚するという事で、看護士職を転職することもあります。そういった、同姓・異性のばあいに、メリット・デメリットが看護士を退職するかどうかの問題となる場合があるのです。

これは、男性の看護士としても、女性の看護士としても、果ては別の職業の異性であったとしても、看護士の職を続けられるかどうかの話し合いが必要です。

看護士というのは資格職ですので、次も経歴を活かして、看護士職に就くのが一般的ですが、あえて、異性のほうの職業に頼りすぎてしまうと、本来の職能がすたれてしまうおそれがあります。

ですので、異性が看護士であったときには、その本人から理解を示すことと同時に、メリットとして、生計の面をよく考えなくてはなりません。看護士職は連続勤務では交代制がふつうですので、その転職のばあいであれば、日勤職に転職するなどの方法もあるでしょう。ですので、メリットで考えるのには、職が続くという点で、仕事は続けた方がいいという局面になります。

デメリットとしては、転職で結婚が重なったとしても、出産のあとに本来の職能に戻れるかどうかがあります。これは、一般企業で転職をまったくあたらしい形にというタイプでは考慮しにくい点になります。メリットを優先すれば、また看護職に就いた方がいいのですが、これは、結婚の配偶から参照を求めましょう。そして、その収入体系と、次の転職の機会の事まで入念に話し合っておくことが肝要になります。

デメリットとしては、配偶の理解のないことは、一般的かもしれません。その際でも、給与体系でのメリットを強調し、身体の続く限りは看護職をやったほうがいいと、経歴を積み上げる方に重点的にシフトした方が良いです。

看護職自体は、結婚という事態で、生計がどう変わるか分かれ目となりますし、ブランク期間が多いと、復職が面倒になるおそれもあります。

配偶の手取りが多い場合は、それほど問題にはならないかもしれませんが、出産を機にそうもいっていられなくなりますので、メリットを充分に考えてください。

 

関連記事

  1. 看護師の転職 履歴書による趣味の書き方

    脊椎ドレナージ

  2. 履歴書の趣味の欄に書く内容

    ARDS(急性呼吸促迫症候群)

  3. 履歴書に貼り付ける写真のポイント

    脳梗塞

  4. 面接では勤務可能日をどのように伝えれば良いか

    ガンマ計算

  5. 看護師が病院以外に転職するメリット

    低体温療法

  6. 自己PRの欄にはどのように書けば良いか

    CHDF(持続血液透析濾過法)

  7. 自己PRの欄にはどのように書けば良いか

    スワンガンツカテーテル

  8. 面接では勤務可能日をどのように伝えれば良いか

    面接では勤務可能日をどのように伝えれば良いか

  9. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    心房細動(AF)

  10. 面接では勤務可能日をどのように伝えれば良いか

    心筋梗塞(MI)

  11. 看護師としての転職が可能な年齢

    看護師としての転職が可能な年齢

  12. 看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

    IABP(大動脈バルーンパンピング)

  13. 看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

    PIカテーテル(経皮的中心静脈カテーテル)

  14. 面接での退職理由の伝え方のポイント

    Sepsis(敗血症)

  15. スキルアップという志望動機を表現する時のポイント

    狭心症(AP)