認定看護師とは?認定看護師になるには?

認定看護師とは?

認定看護師というのは、看護の特定のジャンルにおいて、日本看護協会から熟練した看護の知識と技術がある人として認められた看護師です。

認定看護師になれば、次のようなメリットがあります。

  • 看護師や別の部署に対して指導ができるなど、活動範囲が病院内で広がる
  • 昇進に対してプラスになる
  • 夜勤が免除されたり、少なくなったりするときが多くある
  • 病院外の同じジャンルの看護スキルがある仲間が多くなる

このように、認定看護師はいろいろなメリットがあります。

認定看護師になるには?

認定看護師になるためには、次のような条件があります。

  • 看護師、保健師、助産師のいずれかであること
  • 5年以上の実務経験があること(この中で認定看護ジャンルの経験が3年以上ある)
  • 6ヶ月・615時間以上の認定看護師教育課程を終了していること
  • 筆記試験の認定審査に受かること

認定看護師のイメージとしては、ある程度中堅以上、あるいはベテランということがあるでしょう。

というのは、実務経験期間が認定看護師になるためには必要になるからです。

実力とやる気がいかにあっても、認定看護師の試験は学校を卒業してからすぐに受けることはできません。

認定看護師になるためには、5年間の実務経験期間が必要になります。

この実務経験期間は、勤務するところが変わったり、ブランクが休職・転職などであったりしても通算ができます。

しかし、資格を取りたい認定のジャンルにおいて3年以上の経験が必要であることに注意しましょう。

例えば、緩和ケア認定看護師になるときは、5年以上、この中の3年以上は看護師として緩和ケアの経験が必要になります。

そのため、経験がないジャンルの認定看護師には挑戦することができません。

認定看護師になりたいときは、経験が希望するジャンルで積めるように配属先を希望しましょう。

実務経験期間の条件を満たしたうえで、認定看護師教育課程を修了すると認定審査を初めて受けることができます。

認定看護師教育課程がある認定看護師の教育機関は、全国に多くあり、いろいろな課程があります。

6ヶ月・615時間以上の授業を、認定看護師の資格を取るためには受講する必要があります。

授業が行われるのは、週末だけのケースと平日の昼間のケースがあります。

週末だけに授業が行われるところに通うと、看護師としての仕事をしながら認定看護師の資格を取ることもできます。

しかし、平日の昼間に授業が行われるところにしか通えないときは、長期出張あるいは休職扱いで仕事を休んで、通うことが必要になるようです。

そのため、看護師の仕事が忙しいので、他の人に自分がいない間のしわ寄せがいくと思って悩んで、なかなかスタートできないような人が実際には多くいるようです。

しかし、看護師長に早めに申し出ることによって、看護師を補うなどの対策をすることもできます。

そのため、いつか認定看護師の資格を取りたいと思っているのであれば、早めに人事面談などのときに伝えておきましょう。

教育機関やジャンルによって教育課程のスケジュールは違っているため、自分が取りたいジャンルや受けるつもりの教育機関のスケジュールについては、しっかりと受ける前にチェックしておきましょう。

また、前もって自分が取りたいジャンルの教育機関がどこにあるかをチェックしておくことも必要です。

というのは、認定看護師の教育機関は相当偏っており、1箇所しか全国で開講していないようなジャンルもあるためです。

自宅から通える範囲に教育機関がないため、教育機関の近くにマンションを借りて生活しながら通うようなケースも多くあります。

このようなケースでは、特に小さい世話が必要な子供がいる看護師にとっては、相当ハードルが高くなります。

いつか認定看護師の資格を取りたいと考えている人は、将来の自分を考えて、挑戦できる時期を逃さないことが大切といえるでしょう。

なお、認定看護師の教育機関は、それぞれの教育機関によって開講している期間や費用が違っています。

そのため、希望するジャンルが決定していないときは、早めにそれぞれ教育機関の募集要項をチェックしましょう。

願書を受付する期間が1週間だけの教育機関もあるため、早めに準備しましょう。

教育機関のスケジュールは、それぞれのところによって違っていますが、だいたいのイメージとしては、認定看護師の資格を取るためには、教育機関に願書を提出してから約2年かかると考えておきましょう。

しかも、それぞれの教育機関の調査や受験のための勉強なども含めれば時間がさらにかかります。

そのため、認定看護師の教育機関のスケジュールを早めにチェックしておきましょう。

おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事



【サイト説明】
日本最大級の看護師向け転職サイトで、良質な求人も豊富です。

そのため、希望の転職先が見つからない..ということはほぼないので、ぜひ登録しておきたい転職サイトです。

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

おすすめ看護師転職サイト

ナースではたらこ



【サイト説明】
大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。

業界でも珍しい「逆指名」を積極的に行なっており、ユーザーの満足度も高いです。

お金も働きかたにもこだわるなら【ナースではたらこ】

おすすめ看護師転職サイト

ナース人材バンク



【サイト説明】
エリア密着型のサイトで、その地域の病院や施設の特徴や内部事情をしっかりと把握することができています。

特に地方在住の方におすすめのサイトになっています。

ナース人材バンクで高給与、好条件の看護師求人を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 看護師が転職をする理由と人間関係

    看護師が転職をする理由と人間関係

  2. 「ナースではたらこ」の特徴とは?退会する際に注意することとは?

  3. 特定看護師(仮称)とは?特定看護師(仮称)になるには?

  4. ナース人材バンクとは?特徴とは?どんな人が適しているか?

  5. マイナビ看護師とは?マイナビ看護師の特徴とは?

  6. 1年目で看護士を辞めた理由とは









  1. 特定看護師(仮称)とは?特定看護師(仮称)になるには?

    2020.03.17

  2. 専門看護師とは?専門看護師になるには?

    2020.03.15

  3. 認定看護師とは?認定看護師になるには?

    2020.03.14

  4. 看護師の恋愛事情とは?

    2020.02.09

  5. 専門学校卒、大卒、5年一貫卒で看護師に違いはあるのか?

    2020.02.09

  1. 「ナースではたらこ」の特徴とは?退会する際に注意することとは?

    2019.05.12

  2. 看護師「新人」あるある

    看護師「新人」あるある

    2019.04.28

  3. 看護師「恋愛」あるある

    看護師「恋愛」あるある

    2019.04.27

  4. 看護師「夜勤」あるある

    看護師「夜勤」あるある

    2019.04.27

  5. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    2019.03.31







x