専門看護師とは?専門看護師になるには?

専門看護師とは?

専門看護師は、患者以外に、患者の家族、医療従事者、地元などの多くの人と関係します。

専門看護師のみができる仕事としては、次のようなものがあります。

  • 後輩を看護師のリーダーとして育てる
  • 看護の現場で専門知識を実践する
  • チーム医療をサポートする

専門看護師は、医療チームを看護師のリーダーとして率いたい、多くの人と関係してより高いレベルの看護ケアをサービスしたい、などと思っているような看護師にはおすすめです。

なお、スキルアップが専門看護師以外でできる資格としては、認定看護師もあります。

認定看護師と専門看護師は、次のような違いがあります。

  • 認定看護師は、特定のジャンルの看護ケアが専門の現場のプロで、資格が専門看護師よりは短い期間で取れる
  • 専門看護師は、患者だけでなく、家族、医療従事者とも関係する機会が多くあり、資格を取るための難易度が高い

では、専門看護師は認定看護師よりどうして資格を取るのが難しいのでしょうか?

というのは、専門看護師の資格を取るためには、2年間看護系大学の大学院の修士課程に通う必要があるためです。

そのため、専門看護師の資格を取るときは、大学院の修士課程を受けるための学習をしたり、通うための学費を貯めたりするなどの用意をする必要があります。

専門看護師になるには?

ここでは、専門看護師の資格を取る方法についてご紹介します。

実務経験が一定期間必要である

専門看護師の資格を取るためには、通算5年以上の実務経験が必要で、この中で取りたい専門看護のジャンルで通算3年以上の実務経験が必要です。

また、取りたい看護のジャンルにおける、看護実績、コーディネーション、コンサルテーション、教育活動、倫理調整、修士課程における研究活動に関して、看護実績報告書の提出が必要になります。

専門看護師になりたいと思っているのであれば、経験が希望するジャンルで積めるように配属先を考えましょう。

専門看護師の資格を取るためには看護系大学の大学院の修士課程を修了するなどが必要ですが、実務経験を積むことが必要になるため、キャリアプランを配属先を希望するときには考えておく必要があります。

決まった教育課程を修了する

看護系大学の大学院の修士課程に入ると、日本看護系大学協会の専門看護師の教育課程基準で決まっている26単位あるいは38単位を取るようになります。

ジャンルによっては、非常に設けられている大学院の修士課程が少ないところもあります。

また、実務経験を一度積んでいなければ受けることができないような大学院も中にはあります。

そのため、希望するジャンルが設けられている大学院に関しては、受験要綱などを前もって十分にチェックしておきましょう。

修士課程を大学院において修了するまでは、専念して臨床や座学、研究などを行う必要があります。

そのため、仕事を看護師として続けることは非常に困難であり、仕事を長期出張扱いなどで休んだり、休職したり、あるいは仕事を辞めたりするときも多くあるようです。

どこの大学院の修士課程にキャリアのどの時期で入るかなどについては、大きく自分の人生設計に影響するため、キャリアプランをしっかりと立案する必要があります。

実務経験を積んで大学院の修士課程を修了すれば、あとは認定審査を受けて資格を取るだけです。

専門看護師の資格を取るまでのステップとは?

ここでは、専門看護師の資格を取るまでのステップについてご紹介します。

  • 看護師の免許を取る
  • 通算5年以上の実務経験を積む

この中で特定のジャンルでの実務経験が通算3年以上は必要になります。

  • 看護系大学の大学院の修士課程を修了する

日本看護系大学協会が決めている一定単位を取る必要があります。

  • 認定審査に受かる

専門看護師になった後も、更新のために5年後ごとに書類審査を受ける必要があります。

専門看護師のジャンルとは?

専門看護師のジャンルは、それほど多くありません。

専門看護師が始まった頃は認定看護師と同じようなジャンルがありましたが、現在では認定看護師よりジャンルが少なくなっています。

医療のこれからのニーズによって、専門看護のジャンルは十分に拡がっていく可能性があります。

そのため、専門看護が自分の希望するジャンルにおいて無くても、自分の専門性をアップするジャンルやキャリアプランを考えるときは、一つの選択肢として専門看護師を考えてみましょう。

なお、専門看護師のジャンルとしては、次のようなものがあります。

  • がん看護
  • 精神看護
  • 地域看護
  • 老人看護
  • 小児看護
  • 母性看護
  • 慢性疾患看護
  • 急性・重症疾患看護
  • 感染症看護
  • 家族支援
  • 在宅看護

おすすめ看護師転職サイト

看護のお仕事



【サイト説明】
日本最大級の看護師向け転職サイトで、良質な求人も豊富です。

そのため、希望の転職先が見つからない..ということはほぼないので、ぜひ登録しておきたい転職サイトです。

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

おすすめ看護師転職サイト

ナースではたらこ



【サイト説明】
大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。

業界でも珍しい「逆指名」を積極的に行なっており、ユーザーの満足度も高いです。

お金も働きかたにもこだわるなら【ナースではたらこ】

おすすめ看護師転職サイト

ナース人材バンク



【サイト説明】
エリア密着型のサイトで、その地域の病院や施設の特徴や内部事情をしっかりと把握することができています。

特に地方在住の方におすすめのサイトになっています。

ナース人材バンクで高給与、好条件の看護師求人を探す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. MCナースネットの特徴とは?MCナースネットをおすすめする理由とは?

  2. 看護師の転職におすすめの時期とは

    看護師の転職におすすめの時期とは

  3. 認定看護師とは?認定看護師になるには?

  4. 看護師としての転職が可能な年齢

    看護師としての転職が可能な年齢

  5. 新人看護師の仕事とはどのようなものか

  6. 看護師になる際の専門学校卒と大学卒の違いとは?現役看護師の話









  1. 特定看護師(仮称)とは?特定看護師(仮称)になるには?

    2020.03.17

  2. 専門看護師とは?専門看護師になるには?

    2020.03.15

  3. 認定看護師とは?認定看護師になるには?

    2020.03.14

  4. 看護師の恋愛事情とは?

    2020.02.09

  5. 専門学校卒、大卒、5年一貫卒で看護師に違いはあるのか?

    2020.02.09

  1. 「ナースではたらこ」の特徴とは?退会する際に注意することとは?

    2019.05.12

  2. 看護師「新人」あるある

    看護師「新人」あるある

    2019.04.28

  3. 看護師「恋愛」あるある

    看護師「恋愛」あるある

    2019.04.27

  4. 看護師「夜勤」あるある

    看護師「夜勤」あるある

    2019.04.27

  5. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    2019.03.31