看護師としての結婚の何年目が転職に影響するか

看護師としての結婚の何年目が転職に影響するか

看護士を続けていくにあたって、結婚何年目であるということが、暗黙知の経歴になったりします。それは、子供が小学生だとか、高校生だとかという話で、ある程度のまとまりがあるからになります。その子供の状態が、大学生やそして卒業をした時期がいつかということで、病院内の採用のひとつの情報となることは事実です。実際看護士である職能では、そのリターンの報酬の部分に家庭の事情が多く含まれることは明白なので、そのうえで、採用もあと何年ということは、確認しておきたい事項になります。

なので、結婚何年目といういい方は、実は子供の数であったり、学生としての就学状況であったりします。ですので、いわゆる親元をはなれる大卒であったり、専門学校に入学したという時点で、ひとつの区切りがあるでしょう。

看護士の転職においては、生計における理由が大きな位置をしめますので、結婚何年目といういい方で換えられると確かに便利な生計の仕組みの表現になります。

もし、転職に先立って、小学生のこどもがいる段階では、急な店員はある程度あきらめたほうが無難です。転職して給与が上がるのは、スキラーとしての技術職になりますので、これからお金がかかっていくという時点では、転職を控えた方がいいかもしれません。

もし、交代制から日勤帯へと異動したりする場合には、よほどの生計の工面がなくてはなりませんので、その看護士の転職の前に、事前に準備して置いたり、貯蓄を貯めて置いたりして、工夫するようにしましょう。日勤帯での仕事でも、ひとつのステージと言われます。また、子供が小学生であればなにかと家庭の事情がありますので、この類では連続勤務を採用として続けることに、留意するのは経営陣のはなしです。

また、転院する際にも、ある程度の区切りをもってしたほうがいいので、子供が高校を卒業するまでといった具合に、結婚の何年目という履歴が役に立ちます。生計とのバランスが最優先ですので、病院側と相談しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 【職場恋愛のきっかけは?】看護師さんの恋愛事情

    【職場恋愛のきっかけは?】看護師さんの恋愛事情

  2. 看護師の職場恋愛のきっかけとは

    看護師の職場恋愛のきっかけとは

  3. 看護師は結婚を何年目でしているのか?

    看護師は結婚を何年目でしているのか?

  4. 女性看護師にとってベストな結婚相手はどんな職業の男性?

    女性看護師にとってベストな結婚相手はどんな職業の男性?

  5. 【看護師/恋愛体験/男性】業種が変われば恋愛事情も大きく変わる

    【看護師/恋愛体験/男性】業種が変われば恋愛事情も大きく変わる

  6. 【看護師/恋愛体験/女性】向こうの親の猛反対にあって、結局別の病院に変わりました

    【看護師/恋愛体験/女性】向こうの親の猛反対にあって、結局別の病院に変わりました