看護師「転職」あるある

看護師「転職」あるある

目次

転職先でも人間関係に悩む

転職あるあるとしてよくあるのは、なんといっても前の病院を人間関係でやめた場合に、次に病院でも人間関係に苦しむことがあるということです。人間関係で悩むことは、転職をしてもどこでもあると思うことが重要ですね。その転職をした時に、そのことに気づいて早期に対処できると、転職先でもうまく続けることができます。人間関係で悩むことは、どこでもあることなんだと自分を変えることが大切と実感しています。それは、多くの人が感じています。

大きな病院から小さい病院転職あるある

大きな病院から小さい病院転職あるあるとして、転職をしたもののやっぱり物足りないと思うようになります。大きな病院では、研修等を積極的に行くことが多いのですが、小さい病院ではそんなことがありません。モチベーションがちょっと違うということなんですね。そのため、自分がここで看護師として働くことに対していいのだろうかと悩むことがあるのです。疲れて小さい病院に転職したモノの、やっぱり物足りなさを感じるのはよくある事です。

看護師のレベルで悩むことがある

看護師として、仕事が余りにも忙しく疲れてこの病院では働くことができないと、楽な病院に転職することがよくありますね。それは、これでやっと楽になれると思うのです。しかしその転職をしてしばらくすると、看護師のレベルが違いすぎるということに嫌になることがあります。元の病院では、良かったのにいきなり何も知らない看護師ばかりだと、これでいいのだろうかと悩むことになります。これは多くの看護師が抱える転職あるあるですね。

とにかく転職がしたいと思うと失敗する

看護師の転職あるあるとして、以前の病院についてこんなことが嫌と思うことがあるので、とにかく転職をして新しい気持ちで仕事をしたいと思うことがあります。その時、ちょっと冷静さをかいていることがあるのです。そのため、どこでもいいのでという安易な気持ちで転職を望む事があります。その場合は、いざ転職をすると、どうして私は不満だったのだろうと悩む事になるのです。いろいろなことを冷静に分析せずに転職をすると、そんなことになります。

大学病院からの転職あるある

大学病院からの転職あるあるとして、転職をした病院先で大学病院で働いていたのだから、なんでもできるだろう、知っているだろうとあまり教えてもらうことができない場合があります。その時、期待をされているのでできない場合は、がっかりされることがあります。大学病院の場合は、医師が処置を行うことが多く、看護師として技術的なところで劣ることがあるのです。しかしそれをなんでもできると誤解されていることが多くあります。

転職後の立ち位置に心配

転職後のことですが、既に縄張りというか派閥争いみたいなものが看護師間で確立しており、ギスギスした中に入っていかないといけません。そんな現場なので、自分が安全に働けるよう立ち位置を確保することが大変です。
転職してきた新入りということで、最初はどちらの派閥からも声をかけられ、どちらもが私を味方につけようとします。ここで出方を考えないと、両方から嫌われてしまうので慎重に受け答えしないといけません。馴染むのが大変です。

給料で選んで失敗あるある

看護師はお給料がいいと言われていますね。しかしもっとお給料がいいところに転職をしたいと思うことがあります。その場合は、求人広告などを見てここがすごいと思うところに転職をすることがあるのです。しかし給料が多いということは、それなりに激務であることがあるんですね。これはこのお給料でも割に合わないと思うこともあります。そんな時、転職をしたモノのやっぱり体が続かないと思って、再び転職を希望することもあります。

派閥を感じる所への転職あるある

看護師が転職をする場合は、その求人広告などを見て行うことが多いです。その時、求人で良い待遇などが書かれてあると、そのことに釣られて転職をすることがあります。自分の中でその理想が、どんどん膨らんでいるんですね。しかし実際は、看護師同士の仲がとても悪いところに転職をしてしまったということがあります。そんなところは、全く情報として知ることができないのでわかりません。それは、転職失敗あるあるの一つであると思っています。

言われていた条件と違うと思うあるある

転職をした時に、こんな条件ならOKと思って行うことがあります。例えば、夜勤婦がない、忙しくない外来勤務を希望するということです。しかしそこで働いていると、すぐに勤務移動になり忙しい部署に移動になってしまったということがあります。それは特に、総合病院などでよくあることなんですね。その時、自分はこんなつもりではなかったと、転職をしたことを後悔することがあります。条件が違うではないかと、悲しい気持ちになります。

以前の仕事内容と全く違うあるある

転職をする時に、自分がしていた仕事内容と違う場合は戸惑い失敗したかもと思うことがありますね。以前は、バリバリ救急処置などが多いところで働いていて、そのことに知らず知らずのうちにやりがいを感じることがあります。しかしやっぱり激務なので、もっと激務ではないところに転職をすることがあります。しかしそこで余りにも、暇ということになるとやる気が失せてしまうのです。ある程度忙しいところが好きな看護師には、転職失敗あるあるです。

経営中心のところに転職あるある

総合病院や、大学病院などは研究をしたり色々と知識や技術を磨くことができたりして、看護師としてとてもやりがいを感じることがあります。そのことを重視している、患者さん中心で動いているという組織の場合は、安心して働くことができます。しかし個人病院の場合は、経営を中心として考えているところが多く、とにかくお金を重視することがあります。古い機器を使い回しするなど、そのことで転職をしてもストレスをためてしまうことがあります。

医師の態度の違いにがっかりあるある

総合病院などから、看護師として転職をする場合に個人病院等そこで働いている医師の態度にがっかりすることがありますね。大きな病院では、看護師が医師にいろいろなことを教えるという意味で医師からしっかり尊敬をされることが多いです。ところが、そんなところから個人病院に転職をした時に医師の態度が大きいことに愕然とします。個人病院では、医師が一番偉い、歯向かうことができない、意見はいけないという、そんなストレスを抱えることが多いです。

転職サイトでの求人検索時の条件が増える?看護師あるある

「もっとお給料が欲しい」「夜勤がつらくなってきた」「院内の雰囲気が苦手」「精神的負担が大きい」などの理由から、転職を決意される看護師さんも多いと思います。看護師の転職サイトに登録し、自分の希望条件をいくつもチェックし、求人検索をかけるも、なかなか全て希望どおりとはいかず…。これは、現在または以前の職場に対する不満が多ければ多いほど、次の職場に求める条件が多くなるという、看護師あるあるではないでしょうか。

お給料がこんなはずではなかったあるある

総合病院や大学病院で働いていた看護師が、楽なところに転職をしたいと思うことはよくあることですね。その時、お給料は下がってもいいので、楽なところがいいと思うのです。そして実際に楽に働けることには、満足することができます。しかしお給料がガクッと下がってしまうので、実際にはとても困ることもあります。いきなり生活水準を落とすことになり、そのことについてストレスをかなり抱える事になるのです。それは、看護師転職あるあるです。

看護部上層部と現場の違いに愕然あるある

転職をする時に、その病院の看護部長と面接をすることがありますね。また看護部としてのホームページは、いいことがたくさん書いているのでここだったら、教育もしっかりしているのでブランクのある私も働けると思うことがあります。その時、ブランクのある看護師も、働きやすい職場として紹介されていることもあります。しかし実際には、現場はとても忙しくブランクのある看護師はとてもついていけないと劣等感を感じることは転職あるあるです。

転職先が遠いと疲れるあるある

転職をして、その転職先がとてもいいところだとずっと続けて働きたいと思うことがあります。条件もいいし、そこで働いている看護師等の人間関係にもとても満足していると思うと最高ですね。しかしその勤務先が、自宅から遠いと最初はいいのですがやっぱり通勤で疲れてくることになります。看護師の場合は、夜勤をしていることが多いので通勤で車を使うことも多く、その時に渋滞に巻き込まれたりして遠い通勤距離にうんざりすることもあるあるです。

看護師の転職

看護師が働いている職場の医療の世界はよく狭い世界と言われます。横のつながりがあったり、職種同士の知り合いが多いからです。
そんなことから知り合いに病院を変わらないかと誘われ、条件もよく職場の雰囲気も良さそうだったので転職しました。
しかし、転職して出勤してみてびっくりです。何と元カレが3人もいる職場でした。誰も元カレということは知らないので、さすがに気まずいです。狭い世界と言っても、ここまでのことが起きるのかと困惑した経験でした。

病院以外に転職する看護師は多い

看護師の資格を取っても、病院で一年も務めないうちに退職し、服屋の店員や、事務職など一般企業に再就職する人は多い。
総合病院などで病棟勤務をしてからクリニックに転職すると、ナースコールの連打やオムツ交換などから解放はされるが、狭い空間で年配看護師と長時間働くので、思いのほかストレスがたまる。スタッフと打ち解けられないと、早々と退職する率が高くなる。
保育園に転職する看護師も多いが、やはり女の職場なので、保育士より給料の良い看護師は疎まれる。看護師は、看護師のいる職場の方が働きやすいと思われる。

病院によって薬や薬液の呼び名が違う

以前東北の病院で、現在は転職して名古屋の病院で働いています。
「5%ブドウ糖液」を前は「ゴプログル」と言っていたのですが、今は「ゴプロツッカ」と言っています。
地方によっても呼び名は違うようですね。
その他、「酸化マグネシウム」の呼び名も「カマ」から「サンマグ」に変わりました。
郷に入りては郷に従え、ということで今ではすっかり慣れてしまいましたが、転職したばかりの頃は同じものでも名前が違うということに違和感がありました。

看護師の転職の面接は超普段着

転職というと、普通はスーツを着て髪の毛を整え、身だしなみを整えるところから始まります。しかしながら、看護師の転職時の面接って驚くほど普段着で来る人もいるのですね。これまでに何度か面接の後に病棟見学に来た人もいますが、毎回この人たちはこんな普段着で面接に来たのかなとびっくりしたほどです。明らかに主婦で髪を振り乱して生活をしている必死は様子が伝わる人もいれば、まさにヤンキーという人も。看護師の転職面接って、なんで普段着の人がいるんでしょうね。

転職した病院が最悪だったあるある

転職しようと求人を探す時にはとても慎重に探すでしょう。しかしながら、実際に転職してみると、あーここって最悪だったなと思ってしまうことがあります。そんな転職あるあるはよくある話。例えば給料が良いと書いてあったのに、始めはとても基本給が低いところから始まってしまったということや、人間関係が最悪だったということも。しかし転職したばかりで辞めたいといえず、仕方なく数年だけ働いてやめようと決意すること。そんな転職した病院が最悪なあるあるはよくあるのです。

短期間で転職を繰り返す人は、すぐにやめる傾向がある

履歴書を見ると、この人は今まで転職を繰り返してきたなということがわかることがありますね。そのような人を転職で受け入れるのは要注意です。なぜなら、これまで転職を繰り返してきた人は、また転職する可能性があるからです。
看護師は資格があるのでどこに行っても働くことができます。それを武器に、自分はここでなくても働くことができると転職をすぐにしてしまう人がいるのですね。看護師の資格を武器にしている。そんな看護師のあるあるです。

転職を決めるまではほかの人に言ってはならない

転職をするときには、転職先がうまく決まるまではほかの人に言ってはならないと思っています。それはその噂が広まってしまうからです。
転職をしようとするとき、希望の病院のことって、求人内容からはわからないことも少なくありません。だから前に働いていたことがある人がいる場合には、話を聞いてみようと思うもの。しかしながら、看護師あるあるで決まるまでは話を聞かないほうが良いということがあります。それは転職しようとすると、その噂がすぐに広まってしまうからなんです。実体験から強く感じています。

前の病院を辞めてみて、良さが分かった

働いているときって、あまりその病院の良さがわかりません。人間関係も最悪、給料も低いと不平不満が出ることがよくあります。それで転職を決意!
しかし実際にやめてみて、新しい求人を探してみると、思ったほど良い求人がなく、前のところが一番良かったかもと後悔することがあるのです。人間関係については転職してみないともちろんわかりませんが、給料については転職すると基本給が下がるので、前のところのほうがよかったと思うことが多いです。転職あるあるの一つです。

経験年数はあるはずなのに、わからないを連発する看護師

履歴書を見ると、看護経験は十分なのに、いざ転職をしてみると思ったように動けない看護師っていませんか?そしてその看護師も、病院によってやり方違うから、全然わからない、動けないと悪びれる様子もないことがあります。もちろん病院によってやり方って違います。しかしながら看護の基本ってどこも同じです。そのため看護経験が十分にあるのにわからないってあり得ない!。でもそれを平気で言う人は、何をしてきたんだろうな?と疑問です。

地元からかなり離れたところに転職

転職を数回繰り返していると、地元の近い病院ではもう働くところはないということはありませんか?看護師の転職あるあるでは、もう近くで働くところがないので、転職を繰り返す人は、かなり離れたところに転職をするということです。でもかなり離れたところの病院って、情報も実は少ないですし、転職をして後で失敗!ということも少なくありません。また地元から離れることで通勤が負担になり、やっぱりまたやめてしまうということが多いです。

転職を決めたのに、師長から思い切り引き留められるあるある

転職も決めてあとは退職をするだけなのに、師長から思い切り引き留められて困ったあるある。師長だって新卒が退職することには目もくれないけれど、中堅層が退職してしまうと困る。そんな思いから、ダメでもともとだけれど、やめてしまうことをやめてほしいと、転職を思いっきり否定して引き留めることがあるのです。引き留められるほうは、それほど悪い気はしません。だってあなたが必要だといわれているのですから。しかしここであきらめると、また地獄の日が待っているのです。

転職でこれまでの経歴を全く加味してくれない病院

転職をするときって、その病院の給料が大きなポイントになります。大きな病院ほどこれまでの経験を加味してくれるし、給料も期待できるのですが、反対にとても仕事は厳しく人間関係も複雑ということもあります。反対に個人病院だと、小さな人間関係で働きやすいけれど、給料で全くこれまでの経歴を加味してくれないところがあるのです。転職するなら、給料をとるか、給料は期待しないかどちらかに絞って転職をすることが大切かな?経歴を全く加味してくれない病院あるあるでした。

経験を積んできたというが、思ったほど役に立たなかった看護師あるある

転職してくる看護師の中には、これまでの経歴が素晴らしいという人がいます。また面接のときにも、内科でも外科でも経験を積んできましたと堂々と胸を張って言う人も。しかしそんな看護師が転職してきたときほど、後で期待外れだったということが少なくありません。病院としては即戦力が欲しくて採用したけれど、実は口ばかりで実践した経験は少なく、期待以上に即戦力にならなかったということがあるのです。そんな看護師あるあるは中堅層に多いですね。

転職する履歴書には資格がずらずらと書かれているあるある

転職をするときには、履歴書を記入しますね。そんな履歴書の資格の欄に、書ききれないほどの資格を記入している人がいるのが看護師あるあるです。
看護師の中には、スキルアップと思って、いろいろな研修を受けたり資格を取得する人も少なくありません。しかしその中にはいったいどれほど役に立つ資格があるのか疑問なことも。しかし看護師の中には資格を取るのが好き、資格マニアが多く、履歴書にそれをずらずらと書き記していくというのが転職あるあるの一つです。

前の病院とはやり方が違うからわからないとすぐに逃げる看護師

転職あるあるの一つ。それが、何があっても、何をお願いしても、前の病院とはやり方が違うからわからないと逃げてしまう看護師がいることです。確かに病院によっては使っているものも違うし、それぞれのやり方というものありますね。そのため、やり方が違うからわからないというのは納得できること。しかし転職というのは即戦力を期待して入ってくるものなのに、いつまでたってもそうやって逃げる人がいる。それが転職あるあるの一つです。

医師と結婚したいために転職をする看護師

転職あるあるの一つが、医師との結婚をねらって転職を繰り返す看護師がいること。医師というのは、稼ぐことのできる職業のひとつに挙げられるものですね。また医師と結婚したら、セレブな生活を送れるのではないかと期待して、医師と結婚をすることを狙う人もいるのですね。しかしどこの病院にも若い男性医師がいるとは限りません。そのため医師と結婚をしたいために、どんどんと病院を変える、転職を繰り返して医者狩りを行っていくという看護師がいるのが転職あるあるの一つです。

前の病院を辞めてきたのに、前の病院の良かったところを連呼するあるある

転職する理由は人によって様々です。その病院が嫌になってやめてしまった人もいるでしょう。そんな理由でもやめてしまえば、嫌だったところを忘れてしまうこともあるのです。そのため転職した後に、時々前の病院はこんなところがよかったのに…、前の病院はこんなでしたよとわざわざ指摘することあるのです。
転職して新しいところに来たのならば、郷に入れば郷に従えという気持ちで何も言わなければいいのに、わざわざ口に出して言うなんて、本当に転職後の看護師あるあるです。

私の転職体験

私は看護師になってまだ4年しか経っていませんが、すでに一回転職しています。しかも、新卒で入ったところをわずか6ヶ月という早さで辞めてしまいました。同期で私よりも前に辞めた方もいます。私が入職した時の同期は20人以上いたのですが、その中で残っているのはわずか数人とのことでした。看護師転職あるあるとしては、新卒だろうと合わなければどんどん転職していくということが挙げられます。その理由の1つとしては、資格を持っているという強みがあるからということが考えられると思います。

自分にあった働き方を見つける

私は新卒で総合病院に就職しましたが、労働環境は最悪でした。また学生の頃から病棟での患者さんとの関わりが苦手でずっと外来で働きたいと思っていました。ある程度働いた段階で転職をしようと考え、転職サイトやハローワークを利用し、転職活動をしました。最終的に私は転職サイトを利用しました。転職サイトは担当の方が相手方に連絡をとっていただけたり、面接にも一緒に来ていただけるなど、初めての転職だったため心強かったです。そしてクリニックに就職しました。病棟とは違い、夜勤はなく、めんどくさい患者さんとの関わりも数分で終わるなど、わたしには合っていると思います。ただ、やはり給料は下がります。私は下がっても今の働き方が良いと思っています。なにが自分の中で重要なのか考え働き方を選ぶのが良いと思います。

苛酷な世界

看護の世間の立ち位置は? 世代や契機で違っている。下の者がやる仕事、とか、安定していてけっこう高級というかなり広いイメージを持つ人もいて、合コンでは人気、医者との上昇婚も珍しくない。

ただ、深刻な人手不足に寄り、教育難民も増えている。筆者も最初の仕事場でも1ヶ月教わって完全放置(1人仕事の仕事場でした)。
まともな教育を受けたいと思い、エージェントの情報を見て、残業無しで教育に力を入れている病院に移るが、ほぼしろうとなのにたった2日で自立扱い。まともな教育を受けられず、たった1ヶ月で夜勤に入りました。

私には適性がなさそうなので、辞めるつもりです。新卒でない限り、プリセプターもつかない病院も少なくないそうなので、面接の時にはその辺は十分に確認しする方が良いでしょう。この業界は、何か質問しても「自分で考えて」というひとが沢山いますが、自分で考える材料も経験も無いのが新人なのです。
病院にたいしては、教育が悪いところは、確実に離職率が高いですね。教えてもらうのは、1番の恩なのです。過酷に進んできている業界と思われるんで、残業と教育期間は確認した方が良いでしょう

転職前の病院前を通るとドキドキするあるある

転職前の病院前を通るとドキドキするあるあるがあります。それは転職をする理由として、その病院などが嫌でやめた時ですね。人間関係が嫌、仕事がきつく嫌で転職をしたなどの時には、そのことが少しトラウマとなっていることがあります。そのため、そのことを病院前などを通る時に思い出してしまうんです。そして転職をして本当によかったと、改めて思うことがあります。ドキドキしながら通ることになるので、できるだけ行きたくありません。

自分の好きな診療科に転職あるある

総合病院などで働いていると、そこで数々の違う場所に移動をすることがあります、そのため、自分が希望するところでない場所もあるんですね。そんな時には、転職をしたいと思うことも。また自分が好きな診療科について働いているとわかってくることがあります。その時は、やっぱりこの診療科で働きたいとその診療科専門病院に転職することがあります。すると、とてもやりがいを持つことができるようになります。自分の好きな診療科に転職あるあるです。

転職後に夜勤をすることができなくなるあるある

看護師の場合は、夜勤をする病院で働くことが多くなりますがいろいろな理由から夜勤ができなくなることがあります、すると、転職を考えることになるんですね、そして夜勤がない所に転職をすることも。そこで働いていると、夜勤がない生活とはこんなに快適で楽なのだということをしみじみと感じることになるのです。すると、夜勤をしていたときのことを懐かしく思うものの、二度と夜勤をしたくないと思ってしまいます。それは、転職後に夜勤をすることができなくなるあるあるです。

転職をすると家族が喜ぶあるある

看護師として、自分の体力に自信がなくなったときや、疲れてどうしようもないときは転職をすることになります。転職をするときに、家族がいてその家族のことを思って転職を考えたということもあるのです。転職後に自分が体が楽になると、そのことが家族も嬉しいと思うようですね。やっぱり母親が疲れていると子供も心配します。不機嫌な様子を見ると、嫌になってしまうのです。転職後に仕事が楽になり、精神的に安定すると家族も喜びます。

転職後に節約をするあるある

看護師の場合は、転職をすると大体給料が下がることが多いです。残業のないところや、夜勤がないところなどに転職をすることが多くなるのでその結果、お給料が下がってしまうんですね。しかし残業がなくなったり夜勤がないことで、精神的な安らぎを持つことができてやっと人間らしい暮らしが出来るとのびのびすることができます。そしてお給料が下がった分は、今まで通りの生活ではなく節約を目指すことが多くなります。転職後に節約をするあるあるです。

総合病院から転職後いきなり看護師長あるある

総合病院から転職後いきなり看護師長あるあるがあります、それは総合病院で長く勤めていて、そこでスタッフとして働いている場合でも、看護師長になることがあります。それは、やっぱりいろいろなことを知っている、総合病院のノウハウを活かして欲しいと思うからなんですね。大企業で天下りの場合に、いきなり役員になるみたいに看護師の転職の場合もそんなことがあります。それは、総合病院や大学病院からの転職の場合に多いようです。

看護師から全く違う職種に転職あるある

看護師として働いていると、誰もが思うこととして一回は別の職種に憧れることがあります。看護師の場合は、特殊な仕事ですね。責任も重く、そんなことが嫌になるのです。また看護師になったものの、やっぱり自分な向いていないと思うこともあります。その場合は、看護師をすっぱりやめて別の職種につくことも。事務となったりして、別の仕事を楽しくしている看護師だった人もいます。それは、看護師から全く違う職種に転職あるあるです。

転職をしてよく眠れるようになるあるある

看護師として働いていると、そのストレスから不眠になることがあります。また夜勤をしていると、夜勤で不規則な状態からバイオリズムを崩してしまうこともあるんですね。そんな時には、そのことが辛くなり転職をすることがあります。転職をする場合は、大体勤務が楽なストレスが少ないところです。すると、転職後はあんなに不眠だった状態がすっかり良くなり、眠れるようになることがあります。転職をしてよく眠れるようになるあるあるです。

看護師の転職体験談

私は看護師をしています。その中で、前に在籍していた職場を、転職した時の体験談です。
私は、それまでは24時間シフト勤務を行っておりました。しかし、結婚を機に、子供が欲しいと考え、今後の育児の面から24時間シフトの勤務は難しいと考え、全く別の職業に転職しました。私だけではなく、独身時代は24時間シフト勤務できていた同僚が数多くいました。しかし、結婚を機に、勤務時間が固定の仕事に転職する人が、一定数いました。

看護師から転職しました

私は、以前は看護師として勤務しておりました。当時の勤め先は、一つの病院だけを構えている組織であり、転勤が無い職場でした。
転勤が無い事は、働くうえでは大きなメリットであると思います。しかし私は、看護師としてキャリアを積み、様々な現場の仕事に携わりたいと考え、転勤のある、大きな医療法人に転職を決意しました。私と同様、キャリアを積むために、あえて転職という、選択肢を取る人が同僚にもいました。転職は、将来を考える一つの選択肢なのです。

転職すると前の職場の良さもわかるあるある

転職すると前の職場の良さもわかるあるあるということがあります。転職をする理由としては、やっぱり不満があることが圧倒的に多いですね。夜勤が辛い、人間関係で転職をすることが多いです。ところが、いざ転職をした時に前の職場のこともいいところがあったと思うこともあります。その時、比べて見ると、前の職場のほうがいいと思うこともあります。そんなときは、以前の職場に帰ることもあります。そしてそこで再び働くことも多いです。

転職先で知っている看護師がいるあるある

転職をした時に、その転職先で知っている看護師がいるあるあるがあります。以前の職場で一緒に働いていた看護師がいることもありますね。もちろんそのことを知らずに、その場所に転職をしているのです。そのときは、ちょっと気まずいことも。それは、同じ仲間として共感をすることもあるし、前の職場であまり評判が良くないと思っていた看護師なら、そのことを言われてしまうと不安になるからです。転職して知り合いがいると、辛いこともあります。

転職をすると体力がいるあるある

転職をするということは、とても勇気のいることですね。それはなんといっても慣れている職場を離れて、全く知らない所に移ることになるからです。そんな時、精神的に辛いこともあるし、体力的に辛いこともあります。体力的に辛いのは、また一番下っ端になってしまうのでいろいろなことをすることになるからです。下になるほど、体力のいる仕事を任されることがありますね。その時、その辛さを乗り越えないといけないのです。それは転職あるあるです。

休暇がとりやすくなる転職あるある

総合病院などで働いていると、とても忙しく休むことを言い出せないことがあります。通常の休み以外で年休を申し出たいと思っても取れないことがあります。ところが転職をすることにより、その職場が忙しくない場合は比較的休みを取りやすいのです。その時、転職をして本当によかったと思えるのではないでしょうか。転職をする理由として、家族のためにするということがあるので、家族のために休みを取りやすいのはとても嬉しいことですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 看護師「夜勤」あるある

    看護師「夜勤」あるある

  2. 看護師「新人」あるある

    看護師「新人」あるある

  3. 看護師「怖い話」あるある

    看護師「怖い話」あるある

  4. 看護師「恋愛」あるある

    看護師「恋愛」あるある

  5. 看護師あるあると看護師の本音

  6. 看護師「患者」あるある

    看護師「患者」あるある