看護師の履歴書 職歴欄の書き方

看護師の履歴書 職歴欄の書き方

看護師として応募する時の履歴書には、職歴を書く欄があります。転職するなら、やはり職歴は重視される傾向があります。

人事担当者としては、病院で活躍してくれる人材であるかどうかを、見極めたいと望んでいるのです。職歴は、人材を見極める材料の1つになります。ですから人事担当者が履歴書に目を通す時にも、職歴は重視しているのです。

では看護師として応募する側としては、どのように職歴欄に書けば良いかというと、基本的には今までの職務経験を全て記載する必要があります。過去に病院で働いていた経験があるなら、もちろん履歴書に書いておくべきです。

また他職種の職歴も同様です。看護師という職種とは無関係な職種の経験も、履歴書に書いておく方が望ましいです。

ところで転職するなら、少なくとも退職手続きを踏む事になります。もしも過去にどこかの病院で働いていて、退職済みの場合は、「一身上の都合で退職」と書きます。いわゆる定形表現の1つです。

しかし人によっては、看護師として在職しながらも、転職活動に勤しんでいる事もあります。現在はどこかの病院で働きながら、転職先を探している看護師も、少なくありません。その場合は、現在お勤め中の病院の職歴を書くと共に、「現在に至る」という定形表現で書くと良いでしょう。

なお学生時代のアルバイト経験なども、書く必要があります。看護大学で学んでいた時に、何らかのアルバイトをしていた時は、それも履歴書の職歴欄に書く訳です。

ただし学生時代のアルバイト経験の場合は、「看護」という職業に関わる職歴だけで、問題ありません。ですから学生時代にコンビニやファーストフード店にて、アルバイトで働いていたとしても、わざわざ書く必要はありません。

なお「短期」の職歴も、基本的には履歴書に書く必要はあります。しかし短期の職歴も書いてしまいますと、転職回数が多く見えてしまう場合があります。回数が多いと見込まれるなら、勤続半年未満の職務経験なら、省略して構いません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 自己PRの欄にはどのように書けば良いか

    自己PRの欄にはどのように書けば良いか

  2. 看護師から保健師に転職する際の志望動機

    看護師から保健師に転職する際の志望動機

  3. 看護師の転職 志望動機 精神科の場合

    看護師の転職 志望動機 精神科の場合

  4. 看護師の転職 志望動機のスキルアップ意思

    看護師の転職 志望動機のスキルアップ意思

  5. 履歴書の趣味の欄に書く内容

    履歴書の趣味の欄に書く内容

  6. 看護師の転職と履歴書の書き方のポイント

    看護師の転職と履歴書の書き方のポイント