自己PRの欄にはどのように書けば良いか

自己PRの欄にはどのように書けば良いか

病院に転職する履歴書には、自己PRを書く欄があります。そこに書く内容は、選考基準の1つになるのです。

自己PRを書く時のポイントは複数あって、羅列は禁物です。人事担当者にアピールできる要素は、色々と思い浮かぶ事もあります。「真面目」や「熱心」や「臨機応変」など、色々長所が思い浮かぶこともあるでしょう。

上記のように複数のアピールポイントがあるとしても、あまり羅列するのは禁物です。複数の要素が書かれていると、今ひとつ人物像が見えづらくなってしまう事もあります。基本的には1つのアピールポイントを選び、それに関わる体験談やエピソードなどを盛り込んでみると良いでしょう。

また看護師として転職するなら、業務上の経験などを盛り込むのは、大いに有効です。例えば、マネジメント経験です。何らかのリーダー業務の経験があるなら、自己PRの欄に書いてみると良いでしょう。プリセプターの経験を書いてみるのも、おすすめです。

ところで看護師の転職をする方々は、たまに回数に関する不安感を覚えている事があります。応募者によっては、転職回数が少々多い事もあります。その場合は、どうやって自己PRを書けば良いか、迷ってしまう場合があります。

転職回数が多い時は、「柔軟さ」でアピールしてみると良いでしょう。今まで様々な勤務先を経験してきた訳ですから、幅広い環境に柔軟に対応できるとアピールする方法もあるのです。

また、経験を盛り込んでみるのも悪くありません。多彩な職場を経験している以上は、多彩な考え方を知っている訳です。経験豊富である事を盛り込んで、アピールしてみるのも有効です。転職回数が多いのは、大いにアピール材料になるのです。

また人によっては、業務経験が浅い事もあります。スキルや経験が浅い時には、やる気をアピールしてみると良いでしょう。現時点では経験は浅くても、年齢が若ければ、やる気で自己PRできる事も多々あります。

このように履歴書の自己PRの欄は、様々な書き方があります。基本的には業務経験や熱意などを軸にして、自己PRを書いてみるのがおすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 看護師の履歴書 職歴欄の書き方

    看護師の履歴書 職歴欄の書き方

  2. 看護師の転職と履歴書の書き方のポイント

    看護師の転職と履歴書の書き方のポイント

  3. 看護師に転職を成功するための履歴書の自己PRの方法

    看護師に転職を成功するための履歴書の自己PRの方法

  4. 履歴書の趣味の欄に書く内容

    履歴書の趣味の欄に書く内容

  5. 看護師の転職 履歴書による趣味の書き方

    看護師の転職 履歴書による趣味の書き方

  6. 看護師から保健師に転職する際の志望動機

    看護師から保健師に転職する際の志望動機