看護師としての転職が可能な年齢

看護師としての転職が可能な年齢

看護師の転職は、35歳という年齢が1つの目安になります。その年齢以上になりますと、採用率は若干低めになる傾向はあります。しかし、それも勤務先次第です。

そもそも採用する側としては、若い人材を求めている傾向はあります。若くて即戦力の人材などは、優遇される傾向はあるのです。看護師全体の状況を考慮する限り、35歳以内の方々は積極的に採用される傾向があります。

特に公務員の看護師は、その傾向が顕著です。公務員という働き方の場合は、年齢制限は存在します。2種採用ですと、45歳という制約はあるのです。

では35歳以上になると、看護師としての転職は不可能かと言われれば、決してそのような事はありません。勤務先次第なのです。
例えば急性期病院です。その病院の場合は、比較的幅広い年代層の方々を採用している傾向があります。上述の公務員のように、45歳という制約もありません。急性期病院ですと、40代以上で働いている方々も目立ちます。ですから年齢が気になる時は、急性期病院は前向きに検討してみる価値はあります。

また一般の病院でも、幅広い年代層の方々を受け入れている事もあります。そもそも職場で活躍できるかどうかは、年齢だけで判断できるものではありません。他の要素でカバーできる事も多いからです。

例えば職務経験です。30代前半までは、ある病院で働き続けていたとします。ちなみにその病院に入社した時期は、20代前半です。という事は、少なくとも5年以上は職務経験がある訳です。

20代前半の方々ですと、もちろんキャリアはありません。仕事を覚えるまでに、若干時間を要してしまう事も多いです。しかし30代後半の看護師ですと、職務経験も積んでいる訳ですから、新たな転職先で活躍できると判断される場合があります。

つまり年齢が高めでも、それを補うスキルがあれば、採用される事も多いのです。看護師としてのスキルがあるなら、それを面接でアピールしてみると良いでしょう。それが評価されて、採用される事も多々あります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 看護師が転職をする理由と人間関係

    看護師が転職をする理由と人間関係

  2. 1年目で看護士を辞めた理由とは

  3. 専門学校卒、大卒、5年一貫卒で看護師に違いはあるのか?

  4. 専門看護師とは?専門看護師になるには?

  5. 「看護のお仕事」の特徴とは?キャリアアドバイザーとは?

  6. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容