看護師の面接における自己紹介のポイント

看護師の面接における自己紹介のポイント

看護師として求職活動するなら、もちろん面接は受ける必要があります。そして面接の冒頭で、自己紹介するよう求められる事は多いです。1分程度で自己紹介するよう求められる事も、多々あります。

いざ面接を受けると、その自己紹介で失敗してしまう場合があります。例えば、準備不足で失敗してしまう実例は多いです。言いたい事がまとまっていなかったので、面接官に途中で止められてしまう実例もあります。

面接の自己紹介は、やる気をアピールするタイミングでもあります。準備不足ですと、応募に関する意気込みを疑問視されてしまい、マイナス評価になってしまう事も多いです。ですから、面接前に準備しておくのが望ましいです。

ただ面接の自己紹介には、構成はあります。基本的には、4段階の流れで話すのが望ましいでしょう。

まず最初は、簡単な挨拶をします。自分の名前を名乗り、「本日はお時間を頂き、ありがとうございます」などとお礼を述べる訳です。

挨拶の次の段階は、簡単な経歴紹介です。転職の面接の場合、自分の職務経歴を述べるのが一般的です。ただ経歴を述べるといっても、長々紹介するのは良くありません。部署異動などの細かい経歴は、省略するのが望ましいです。

自己紹介の3段階目は、自己PRになります。基本的には、志望動機につながる内容にしておけば良いでしょう。

自己紹介を済ませた後は、志望動機なども伝えるのが一般的です。ただ自己紹介の段階から、あまり詳しく志望動機を伝える必要はありません。時間切れになってしまう可能性があるので、志望動機の「つかみ」程度を話すと良いでしょう。

そして自己紹介の最後の段階は、締めの挨拶になります。「本日は宜しくお願いします」などと、簡単に締めくくる訳です。

以上の4段構成で自己紹介を準備しておきますと、面接でも話しやすくなります。ただし、あまり長い話は禁物です。面接の時間も限られていますから、できるだけ簡潔に紹介する方が良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

    面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

  2. 面接を受ける時の服装について

    面接を受ける時の服装について

  3. 看護師の転職 面接で退職理由をどのように喋るか

    看護師の転職 面接で退職理由をどのように喋るか

  4. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    スキルアップという志望動機を表現する時のポイント

  5. 看護師の転職 面接での内容をどう控えるか

    看護師の転職 面接での内容をどう控えるか

  6. 看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

    看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには