面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

面接では、自分の長所と短所が質問される事もあります。前者の長所を伝える時には、今までの実績をアピールしてみると良いでしょう。それも、できるだけ具体的にアピールするのが望ましいです。

看護師の転職で面接を受けるなら、少なくとも職務経験はある筈です。今まで働いていた病院などで、どのように活躍していたかを伝えるのは有効です。

その際に注意すべきなのは、できるだけ具体的なエピソードを交えるのが望ましいです。病院勤務でどのような出来事があり、自分はどのように活躍したのかを、なるべく具体的にアピールします。それを、自分の長所と結びつけてPRしてみる訳です。

逆に、漠然とした表現は禁物です。「責任感があります」という一言だけを伝えるのでは、言葉不足になってしまいかねません。どういう理由で責任感があるのかを、今までのエピソードを紹介しつつ、自己PRするのは有効です。

ただし長所をアピールすると言っても、自慢話になってしまうのは良くありません。自分の自慢話を前面に押し出してしまいますと、謙虚さが足りないように見えてしまい、マイナス評価になる場合があります。

また短所に関して質問された時には、長所に結びつけるのが有効です。短所だけを伝えて、マイナスイメージにならないよう注意を要します。

例えば、人見知りという短所があるとします。それで「人見知りします」とだけ伝えるのでは、言葉不足になってしまいます。また短所だけを伝えますと、人見知りのマイナスイメージが強く残ってしまいかねません。

そうではなく、それを自分の長所と結びつけるのが望ましいのです。アピール方法は色々ありますが、「人見知りしますが、人の話をじっくり聞くのは得意です」などとアピールしてみるのは有効です。上述の長所と同様に、できれば過去のエピソードなども交えて、具体的にアピールしてみると良いでしょう。

ですから看護師の面接で長所や短所について話す時には、できるだけ具体性を持たせるのが望ましいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 面接を受ける時の髪型はどうすれば良いか

    面接を受ける時の髪型はどうすれば良いか

  2. 看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

    看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

  3. 面接で逆質問してみる

    面接で逆質問してみる

  4. 看護師の転職 面接で退職理由をどのように喋るか

    看護師の転職 面接で退職理由をどのように喋るか

  5. 面接では勤務可能日をどのように伝えれば良いか

    面接では勤務可能日をどのように伝えれば良いか

  6. 看護師の面接における自己紹介のポイント

    看護師の面接における自己紹介のポイント