面接を受ける時の服装について

面接を受ける時の服装について

転職活動するなら、もちろん面接は受ける事になります。面接での選考基準も色々ありますが、服装もその1つです。適切な服装を着用しているか否かは、確認される訳です。

ところで看護師と言えば、ナース服です。白衣を着用して、多くの看護師は業務に勤しんでいます。普段から白衣を着用している都合上、病院の面接を受ける時には、スーツで問題ないか迷ってしまう事もあるでしょう。

結論を申し上げると、看護師という職業でも、面接の際にはスーツを着用しておく方が無難です。かしこまった場だからです。

面接では、病院の人事担当者と正式に挨拶する事になります。そのような状況なのに、カジュアルな服装で面接を受けるのは望ましくありません。やはり社会人として礼節正しい服装を心がけるべきです。ですから病院の面接を受ける時にも、シンプルなスーツにしておく方が無難です。

なお面接では、人事担当者は清潔感を重視している傾向があります。ですから面接に臨む時には、清潔な雰囲気の服装を着用しておくのが望ましいのです。

というのも看護師という職業は、もちろん患者の方々と接する事になります。ある意味、接客業のような一面もあるのです。

患者の目線からすると、清潔感があるかどうかは大切です。看護師が患者の面倒を見てくれるのは良いですが、清潔感が無いと、あまり良い印象は感じられないでしょう。ですから面接でも、清潔感があるスーツを着用しているかどうかは、確認される訳です。シワや汚れが無いかどうかは、確認しておく方が無難です。

また看護師は、人命に関わる仕事でもあります。ですから現場でも、看護師に対して責任感が求められるのです。

責任が重い職場で働く訳ですから、面接を受ける時にも、その職場にふさわしい服装を着用しておく必要があります。少なくとも、ジャケットは着用しておくのが望ましいでしょう。

ですから面接での服装は、基本的にはスーツにしておくのが無難であり、清潔感を心がけておくのが良いのです。面接に臨む前に、鏡などで自分の姿も見て、適切な服装かどうかを確認しておくと良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    スキルアップという志望動機を表現する時のポイント

  2. 面接で逆質問してみる

    面接で逆質問してみる

  3. 面接を受ける時の髪型はどうすれば良いか

    面接を受ける時の髪型はどうすれば良いか

  4. 看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

    看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

  5. 面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

    面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

  6. 看護師の転職 面接で退職理由をどのように喋るか

    看護師の転職 面接で退職理由をどのように喋るか