看護師の転職 面接での内容をどう控えるか

看護師の転職 面接での内容をどう控えるか

面接で用意しておく話の内容は、事前にいくつかは考えておきたいものです。

内容をメモなどに控えておくことは、面接直前にさらっと見直すなどして対応しておきましょう。もちろん、面接にはあらかじめ聞かれそうな質問はあまりなく、かえって答えにくい質問を不意にされるものです。

ですので、控えるというのは、パターンでの問答を暗記するのではなく、自分は採用にあたって、このようなアピールをもって、雇用を願いたいというものを列記します。暗記できるのであればメモの必要はありません。

病院側としては、たいへんな労働に有能な人材を加えたいと思っていますので、それに合致するような文面を考えておきます。その内容としては、その転職希望の病院の型に合わせて、自分がどう貢献できるかを、はっきりと認識ておきます。

つまり、どこにでも当てはまるようなパターンでのいい文句は控えるのです。控えておくべき内容は、病院のタイプとしての労働の性質に、自分がマッチします。という言い方に換えます。

自分自身が働きたいと願っても、それが病院側からの採用ですので、病院の使いたい職場労働に、本人が適合するかどうか調べるのです。これが面接ですので、あらかじめ事前にその病院がどんなところか下調べをしておきます。

つまり、なになに科が多ければ、このような労働の性質。と言ったぐらいに、状況を察知して面接にあたりましょう。養老系であれば、看護より介護に近い職場ですので、そのベッド周り等の作業に素早さと正確さがあります。と自信を持って言えるくらいになっておきます。

ただ、転職とは言っても、病院前のタイプがほんとうに介護系であれば、その看護士としての業務が適任かどうか、判定は厳しくなります。ですので、その際は、作業者としての仕事プラス看護士としてのスキルアップをしたいのです。という言い意味で伝えてください。

ただし、これでもまた転職を繰り返すとなると、その雇用期間の問題もありますので、御院に長期間勤務したいですという約束をしておきます。これらの病院の労働がこなせるという意は結果的に患者の為になります。

実際の労働は作業手順やミスのなさになりますから、作業者という言い方で伝わればいいのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

    面接では長所と短所はどのように伝えるべきか

  2. 面接を受ける時の服装について

    面接を受ける時の服装について

  3. 看護師の面接における自己紹介のポイント

    看護師の面接における自己紹介のポイント

  4. 看護師の転職理由でのランキングで仕事がきついと言う内容

    スキルアップという志望動機を表現する時のポイント

  5. 看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

    看護師の転職 面接で長所・短所を説明するには

  6. 面接を受ける時の髪型はどうすれば良いか

    面接を受ける時の髪型はどうすれば良いか