【救急看護の基礎知識】不整脈

【救急看護の基礎知識】不整脈

目次

心拍数から見た不整脈の分類

頻拍性不整脈

☆心房性

    • 洞性頻脈
    • 心房期外収縮(PAC)
    • 発作性上室頻拍(PSVT)
    • 心房粗動(AFL)
    • 心房細動(AF)

☆心室性

    • 心室期外収縮(PVC)
    • 心室頻拍(VT)
    • 心室細動(VF)

徐脈性不整脈

☆房室ブロック

    • Ⅰ度房室ブロック
    • Ⅱ度房室ブロック(Wenckebach型・MobitzⅡ型)
    • Ⅲ度房室ブロック

その他

☆脚ブロック
☆早期興奮型症候群(WPW症候群・LGL症候群)

治療の緊急度から見た分類

救急蘇生を要する不整脈

☆心停止

  • 心室細動(VF)
  • 拍動を触れない心室頻拍(VT)
  • 伝導収縮解離
  • 心静止

緊急治療を要する不整脈

  • 心室頻拍(VT)(トルサデポアンを含む)
  • 発作性上室頻朴(PSVT)(発作時)
  • 心房粗動(AF)
  • 心房細動(Af)
  • 房室ブロック

治療を要する不整脈

  • 発作性上室頻拍(PSVT)(発作予防として)
  • QT延長症候群

【血行動態が不安定な不整脈(無症状でも治療の対象)】

  • 心房粗動(AF)
  • 心房細動(Af)
  • 房室ブロック(Ⅱ度房室ブロック(MobitzⅡ型)・Ⅲ度房室ブロック)

【症状を伴う不整脈】

  • 洞性頻拍、洞不全症候群(SSS)
  • 房室ブロック(Ⅰ度房室ブロック・Ⅱ度房室ブロック(Wenckebach型))
  • 期外収縮(心房期外収縮(PAC)心室期外収縮(PVC))

治療を必要としない不整脈

【症状を伴わない不整脈】

  • 洞性頻脈、洞不全症候群(SSS)
  • 房室ブロック(Ⅰ度房室ブロック・Ⅱ度房室ブロック(Wenckebach型))
  • 期外収縮(心房期外収縮(PAC)心室期外収縮(PVC))

症状

Adams-Stokes症候群
・不整脈が原因で起こる失神をAdams-Stokes症候群(アダムスストーク症候群)といいます。頻脈・徐脈を問いません。前駆症状として動悸、胸痛などを自覚する場合があります。

検査

ホルター型長時間心電図検査
携帯型心電図をつけて24時間の心電図をテープレコーダーに記録します。この検査は不整脈全般の検出が行えます。また異型狭心症の把握にも有効です。

治療

電気的除細動
自動体外式除細動(AED)
カテーテルアブレーション
人工ペースメーカー
薬物治療

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で東京看護師求人をフォローしよう!


 

関連記事

  1. 【救急看護の基礎知識】脳梗塞

    【救急看護の基礎知識】脳梗塞

  2. 【救急看護の基礎知識】心房細動(AF)

    【救急看護の基礎知識】心房細動(AF)

  3. 【救急看護の基礎知識】くも膜下出血

    【救急看護の基礎知識】くも膜下出血

  4. 救急看護の基礎知識

    救急看護の基礎知識

  5. 【救急看護の基礎知識】胸腔ドレナージ・胸腔穿刺

    【救急看護の基礎知識】胸腔ドレナージ・胸腔穿刺

  6. 【救急看護の基礎知識】スワンガンツカテーテル

    【救急看護の基礎知識】スワンガンツカテーテル